今回はESTP が自己改善に専念しつつも有害な人間にならないように、より良い方向に変化するよう動機付ける方法を紹介する。ESTPの記事のアクセス数はそれほどでもないので、以前ESTPがエニアグラムのセッションに申し込んできた時は意外に感じたが、彼のようなESTPが道を踏み外さないように、この記事を役立てて欲しい。

ESTPの男性の生活はそれほど厳しくないだろうが、女性は困難があるかもしれない。ESTPの女性が母親になるとか、安定した関係を持つところは想像がつかない。しかしESTPは最終的には、個人の責任という観点から、あるべき女性らしさやあるべき男性らしさに成長することになる。ESTPに責任感を持たせるには、どうすればよいか?

複数の戦略があるが、前提として多くの個人的な経験が必要である。Siユーザーか、観察経験があるSeユーザーは、ESTPがどのように行動するか観察できなければならない。あるいは、あなたがSiユーザーであった場合、どのようにして彼らのトーテムとなるかが問題である。

ENFJとESTPは似ている。外向的なテンプル騎士団は、自分に近しい人々をゴミのように扱う。彼らは人生で新しい人々に会ったり、輝いている人を目にすると、家族や恋人よりも良く扱うことにする。彼らは印象的で新鮮な人物にとって、印象的な存在になりたいと思う。ESTPのシャドウISTJは、良い第一印象を与えることが重要である。ESTPは他の人々の望みに興味がない。Neデーモンの密かな目的は、自分が望まれることである。これは無意識の教えなので、ESTPは認めないだろう。

彼らは仲間外れにされた時に最も苛立ちを覚える。取り残されたり、仲間外れにされるのは、自分が必要とされていないと感じるのと同様である。彼らが置き去りにされると、テンプル騎士団の鏡で即座に反応し、それらの人々を排除するための行動に移る。彼らは自分たちが軽視されていると気づくと、そのように反応する。

その結果、ESTPは16タイプの中で最も憤慨しやすく、虐めも辞さないほど否定的に反応することを意味する。自分が酷い扱いを受けていると知覚すれば、それに応じて人々をぞんざいに扱うが、それが思い込みである場合もある。ESTPが有害になるのは、このためである。彼らが良い方向に変化するように動機づけるためには、豊富な経験を持っており、彼らの肉親か恋人である必要がある。あるいは親しい友人で、彼らと信頼関係がある。

Tiペアレントは、あなたがESTPと豊富な経験があり、過去の彼らの不適切な行為を引用できることを知っているので、言われたことを否定できない。彼らは常に具体例を尋ねてくる。もし答えることができなくても、ゴールデンペアのISTJや、ブロンズペアのINFPは、家族や恋人という関係でそれができるだろう。そうでなければESTPはあなたを批判者として自動的に却下し、人生で同じ間違いを何度も何度も繰り返し続ける。自分の失敗から逃げるために、わざわざ行動さえする。特に潜在意識が発達している場合、彼らは失敗を恐れ、拒絶されることを避ける。そして失敗しても、それを認めない。

なぜなら、失敗を認めればそれは現実になり、彼らは変わらなければならない。ESTPはその状況から逃げたいと思っており、それを思い出させるトーテムから遠ざかろうとする。ESTPはその場に留まり、壊れたものを修正する勇気が必要である。そうしないとSiユーザーの憎悪を引き起こし、彼らはESTPを疎外しようとする。するとESTPもSiユーザーを疎外し、望まれていないように感じさせる。そもそも問題を引き起こしたのはESTPだったことは、都合よく忘れている。

潜在意識と無意識どちらが発達していても、彼らはこのように振舞う。これは本当に迷惑なことである。だから彼らの近くにいる人々は、声を上げなければならない。やるべきことはESTPの過ちをリストアップしてサイコパスのレッテルを貼ることではなく、ある種の参考情報を提供することである。

ESTPさんが誰よりも優れていることはわかっています、あなたは有能で、○○してくれて素晴らしかった云々と言わなければならない。なぜ近しい人々に疎外されることを選択するのか理解できない、と付け加える。これが最初のテクニックである。チャイルド機能は認識を切望している。チャイルドが持っている長所を認識できるようにしてやることが、あなたのやるべきことである。

彼らが好かれるべき人間であった時のことを思い出させなければならない。それを何度も繰り返せば、彼らは上手くいく。ESTPは既に自分自身を拒絶している。彼らは肯定的であれ否定的であれ、受け取ったフィードバックを反映して行動するだけである。それは純粋な鏡である。あなたが彼らに苛々していれば、彼らはそれを反映するだろう。彼らと個人的な経験があれば、良い前例があることを思い出させることができる。しかし残念ながら、人々はあまりESTPに対して忍耐力を持たない。

これがESTPがINFPやISTJと性的関係に陥ることが多い理由である。これらのタイプは失敗を我慢する忍耐力を持ち、過去に良かったことを思い出させることができる。それが最終的にESTPが愛を感じる方法である。彼らの愛の言語はクオリティ・タイムであり、質の高い活動を好む。

彼らを本当に愛するには、良いことも悪いことも受け入れる忍耐力が必要である。ESTPは人生において、失敗した時に忍耐強く接することができる人々と一緒にいる必要があり、それができない人々は失敗するだろう。これは自ら彼らを失敗に導いているのであり、ESTPと良い関係を築くことはできないし、良い友情を築くこともできないだろう。

実のところ、ESTPは全てのタイプの中で最も孤独と言ってもいい。INFJも孤独だが、彼らにはFeペアレントがあり、劣等Seがあるので、本人たちが騒ぐほどではない。しかしESTPのTiペアレントは異質で、本質的には弱くても一匹狼の道を歩くことを強いられる。特に女性であったり、潜在意識が発達している場合、状況は悪化する。だからESTPと親しい関係にあるなら、どうすれば他の人にとって望ましい存在になれるのか、伝えてやるといい。

特にあなたがSiユーザーで、自分が望ましい人間になるために努力しているなら、それをESTPと共有する。すると共通の経験ができるので、彼らの改善の動機にもなる。これは素晴らしいことである。Seヒーローは嵐が多いので、過去に上手くいったことを思い出させて、彼らが求める正当化と赦免を与える必要がある。するとESTPにはやる気が溢れて、もう自分を拒否する必要はなくなる。

彼らは自分たちが成功した時点にアイデンティティを張り付け、それらの成功や、どうすれば魅力的になれるかにアイデンティティを張り付ける。彼らは他人の選択や、望ましい人間であることにあまり関心はない。しかしあなたが望ましい人間になるように気を配っていることを観察して、自分も望ましい人間になるように気を配るようになる。これがESTPの仕組みである。

全てのESTPは最も近い人々から、これを必要としている。だからこそ、彼は群れのリーダーになりたがるのである。群れの人々が彼らをより良い人間にしてくれる。最後の戦略は、あなたがESTPに絶望して、別れたり離れようとしている時のためのものである。特にSiユーザーとしてはその関係は終わっており、失うものは何もない。これは他の戦略を試しても上手くいかない場合の最後の手段である。どうすればいいかというと、過去にあなたに良い経験を与えた人々とESTPを比較する。

そして過去に成功した人々を真似すれば、ESTPも成功できることを彼らに伝える。すると突然、ESTPは前進するための計画と道筋があることに気づく。ESTPの問題は、彼らが無知であることにある。Tiペアレントがいても、依然として彼らは無知である。彼らはそれを人々に知らせたくない。だからESTPとの関係が危機に陥った時は、過去に素晴らしい関係を築いた人々について話してやれば、ESTPはその行動を真似し始める。他の人たちがしたことを基に計画を立てて、職人の創造性を発揮することで、その経験を改良する。あなたはSiユーザーとして、悲惨な詳細に立ち入ったとしても、具体的な出来事を共有する責任がある。

ESTPは失敗したことから逃げ出したい。彼らは失敗した姿を他人に見られたくない。だから過去の良い経験や幸せな思い出に基づいて、計画を立てるのを手伝う必要がある。これは彼らの記憶に残り、質の高い経験を提供する方法を学ぶことができる。そうすれば、彼らはあなたに愛の言語を伝えることができるし、彼らもあなたに愛されていると感じるだろう。ESTPが創造力を発揮して質の高い経験を与えることで、これは二人に共有される。

これらの戦略を使用すれば、ESTPは人生で最高の人になるだろう。彼らは結果を重視しており、良い結果が得られることを知っていれば、優れたパフォーマンスを発揮する。もう失敗するつもりはない。その結果、彼らは最高の友情、最高の性的関係、最高の家族の絆を築くことになる。ESTPが人生で最も望んでいるのは繋がりであり、親密さである。そしてあなたがその道筋を与えることこそ、ESTPが必要としていることである。そうすれば、ESTPは二度と孤独を感じることはないだろう。